レッスン

グリーフケア基礎講座

哀しみに寄り添うための「グリーフケア基礎講座」

グリーフ専門士(トレーナー)が開催する講座です。
3時間でグリーフケアの基礎知識のみにとどまらず、関わり方の基本を体験的に学びます。

  • 死別支援の場作りの基本
  • グリーフとは何か(8つのグリーフ)
  • グリーフをイメージで理解する
  • 自分のグリーフに気づく
  • 死別による4つの影響を知る
  • 哀しみの触れ方(基本的な関わり方)
  • 哀しみを深刻にする4つの重石
  • 喪失悲嘆の7つの局面とポイント
  • 遺族への適切な言葉とは

オンライン講座、または各地での対面講座を開催しております。

出張講座も承っております。
医療・介護施設、葬儀会社、NPO法人、公的機関開催の学習会としてご活用いただいております。
お気軽にお問い合わせください。

※ 参加費 おひとり様 5,000円(税込5,500円)

参加希望の方はこちらからお申込みください。
https://www.fvs.jp.net/form/?id=247&key=MjQ3MTczMzM1
(グリーフケア基礎講座:申込み受付けフォーム)

 

「グリーフケア基礎講座」開催日程

【2021年5月】
5月13日(木)13:30 –16:30(オンライン/山内陽卯)
5月16日(日)13:30 –16:30(大阪市/藤野初恵)
5月19日(水)13:30 –16:30(大阪市/藤野初恵)
5月25日(火)13:30 –16:30(オンライン/藤野初恵)

【2021年6月】
6月 1日(火)13:30 –16:30(オンライン/山内陽卯)
6月13日(日)13:30 –16:30(オンライン/藤野初恵)
6月16日(水)13:30 –16:30(オンライン/山内陽卯)
6月20日(日)13:30 –16:30(大阪市/藤野初恵)
6月23日(水)13:30 –16:30(大阪市/藤野初恵)
6月29日(火)13:30 –16:30(オンライン/藤野初恵)

【2021年7月】
7月    1日(木)13:30 –16:30(オンライン/山内陽卯)
7月11日(日)13:30 –16:30(オンライン/藤野初恵)
7月18日(日)13:30 –16:30(大阪市/藤野初恵)
7月25日(日)13:30 –16:30(大阪市/藤野初恵)
7月27日(火)13:30 –16:30(オンライン/藤野初恵)

藤野 初恵
グリーフ専門士(トレーナー)
山内 陽卯
グリーフ専門士(トレーナー)
前川 美幸
グリーフ専門士(トレーナー)
参加希望の方はこちらからお申込みください。
https://www.fvs.jp.net/form/?id=247&key=MjQ3MTczMzM1
(グリーフケア基礎講座:申込み受付けフォーム)

※オンライン講座ご希望の日程を承ります。お問合せ下さい。

 

「グリーフケア基礎講座」開催実績(一部)

【2020年】
10月14日(水)13:30 –16:30(オンライン/前川美幸)
11月17日(火)13:30 –16:30(大阪市/藤野初恵)
12月16日(火)13:30 –16:30(大阪市/藤野初恵)

【2021年】
1月14日(木)13:30 –16:30(大阪市/藤野初恵)
1月24日(日)13:30 –16:30(オンライン/山内陽卯)
1月27日(水)13:30 –16:30(オンライン/藤野初恵)
2月 1日(月)13:30 –16:30(オンライン/山内陽卯)
2月18日(木)13:30 –16:30(大阪市/藤野初恵)
2月21日(日)13:30 –16:30(大阪市/藤野初恵)
3月 1日(月)13:30 –16:30(オンライン/山内陽卯)
3月 6日(土)13:30 –16:30(オンライン/山内陽卯)
3月18日(木)13:30 –16:30(大阪市/藤野初恵)
3月24日(水)13:30 –16:30(オンライン/藤野初恵)
4月 8日(木)13:30 –16:30(オンライン/山内陽卯)
4月12日(月)10:00 –13:00(オンライン/山内陽卯)
4月25日(日)13:30 –16:30(大阪市/藤野初恵)
4月28日(水)13:30 –16:30(オンライン/藤野初恵)
5月 1日(土)13:30 –16:30(オンライン/山内陽卯)

グリーフ専門士養成講座(音声版ベーシック)

 

自宅で自分のペースで学びながらグリーフ専門士(ベーシック)の資格取得ができるプログラムです。

*資格取得には課題の提出と審査の合格が必須です。

グリーフ専門士(音声版)全16回

*ダウンロード版で約16時間の音声とグリーフ専門士(ベーシック)テキストが届きます。
*現在は月刊ではなく、一度に16回分の音声が届くシステムです、

第1回 グリーフケアとは何か
第2回 哀しみを深刻化させないためにできること
第3回 グリーフケアを実践する
第4回 自己肯定感を高める
第5回 グリーフケアで一番大切な感覚
第6回 ともに感情を味わう
第7回 アドラー心理学をグリーフケアに応用する
第8回 勇気づけを実践する
第9回 弔いのプロセスにおけるグリーフケア
第10回 正常を守る
第11回 4つの影響とグリーフの指標
第12回 死別悲嘆の7つの局面(混乱)
第13回 相手の否定を受け止める(否認)
第14回 エネルギーを滞らせない(怒り・罪悪感・抑うつ)
第15回 新しいステージへの準備をはじめる(転換・再生)
第16回 グリーフ専門士として大切にしたいこと

〇お申込時に簡易式の入学審査があります。
*現在、精神科クリニック、心療内科に通院中で、
抗うつ剤、精神安定剤を服用されている方は原則参加できません。
ご不明点があればご相談をお受けいたします。

*また自分以外の多様な価値観、死生観を認められることができ、
どなたとも仲良くできる方のみにご参加いただいています。

○参加費50,000円(税込5,5000円)(入学不可の場合はご返金いたします)
お申し込みはフォームからご申請ください。

認定には課題の合格が必要です。
専門士の名称を使用して活動される場合は会員登録もお願いします。

グリーフ専門士(音声版)お申し込みはこちら
https://grief-school.net/mousikomi/

 

グリーフケアの学校を無料体験しませんか。

スクールに関心をお持ちの方に、無料で「WEBグリーフケア入門講座」を行っています。
オンライン会議室(Zoom)を使ったオンラインスクールが無料体験できます。

入門講座にご参加いただいた方には「グリーフ専門士(音声版)」を期間限定特別価格でご案内いたします。以下のお申し込みフォームからWEB入門講座にお申し込みください。
*参加にはインターネット環境が必要です。
パソコン、スマートフォン、タブレットのいずれでも参加可能です。
ワンクリックで簡単にご参加いただけます。

お申し込みはこちらから

https://www.fvs.jp.net/form/?id=139&key=MTM5MTE0NDIy
(WEBで学べる「グリーフケア入門講座」「ペットロスケア入門講座」)

あなたと直接お話しできるのを楽しみにしております。


グリーフ専門士(音声版)受講生の声

これさえ学べばという教材でした

鳥取県 中森創子さん フューネラルビューティーセラピスト(死化粧師

改めてグリーフケアを学んでみたいと思っていたので、本当にありがたい教材でした。
感謝しています。途中の講義から、涙なしでの受講が出来ませんでした。
敏さんの熱い想い、優しさ、自分の人生の振り返りとこれから……いろんな事を感じ考え自然と涙が出てきました。
何回も繰り返し聴いて、テキストを読んで、確実に自分の中に落とし込んでいこうと思います。
ずっと、課題提出の時に書いてきたことですが、本当に解りやすく納得できる内容でした。

グリーフケアをいろいろ習ったことがあるので、私の中で勝手に比べてしまっているのですが、
日本グリーフ専門士協会のグリーフケアに出会うまでは、充分に理解することが出来ていませんでした。

先生との相性というか(自分自身の問題でしょうが)、受け入れられるかどうか、
素直に聞けるかどうか?好き嫌いではないのですが、そういうものがあるかと思います。

今まで習って来て、いつも「それでどうしたらいいの?」「それで?」という感じ、悪く言うと、
面白くない教授の講義を大学で聞いている感じ、学問と統計的な話を
聞いているようでした。(私の受け止め方の問題なのですが…)だから、
敏さんのグリーフケアを学び、考え方とか仕事での向き合い方とか、人との接し方とか、
色々気づきがあり、素直に意識して自分の行動に表せるようになりました。

この講義を聞き始めた頃は、焦燥感でいっぱいでした。
16回目を終えて、その焦燥感は薄れ、一歩踏み出すタイミングを見計らっている自分がいます。
これだけでも、本当に感謝しています。会って直接お話しできる時には、
一歩踏み出せた報告と一緒に、聞いていただけたらいいなと思っています。

これまで、色々なコミュニケーションスキルやカウンセリングなどを学んできました。
どれも、それぞれに特徴もあるし、良いとこ取りで身につけてきました。

でも、いろいろ勉強するよりも、ここのグリーフケアを学べば全て解決、というか……
死別悲嘆と考えれば身近にそういうことがなければ、興味がなければ、体験してなければ、
関係ない分野、敬遠しそうな分野だと思いますが、一番生きていくうえで分かりやすくて、
身になる、使える知識とスキルだと思います。

祖母からもらった愛を、自分のグリーフの過程の振り返りと納得、
これからを再確認できただけでも、大きな成長、収穫だったと思います。

これを傷ついている方、助けを求めている方、関わった方に、返していけたら幸せです。
ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

申し込みはこちら
https://grief-school.net/mousikomi/


いろいろな場面で迷ったときはこの言葉を支えとして

茨城県 井出雄太さん 斎場管理業

私も最初の授業のところの
「グリーフというのは必ずしも死別だけではなく、広い意味でのごく身近な課題である」
とありましたが、死別ということに目線がどうしても行きがちでした。

しかし、何かものを捨てるとか、学校を卒業して友達と会えなくなるとか故郷を離れるなど
広い意味でのグリーフというのは本当に溢れているんだなと感じました。

その中で「喪失とは人生と向き合うこと」であるといわれましたが、
まさに今回この授業を通じて自分の人生の道を振り返ってみたような感じでした。

コネクトチャートの取り組みも実際に可視化することで自身の繋がり方を認識しました。

この話をされた後に
喪失体験をされた方と向き合っていくのが我々の仕事でもありますが、
支援をするあなた自身が自分の状態に気づいていることがとても大切である」とありました。

自分自身が相談される方々に万全の状態でお話を聞くことは義務じゃないかなと感じます。

何かわだかまりがあったり、どこかフラットになれないことがあることでせっかくお話をしてくださった方々に
その気持ちが伝わってしまったら本当の気持ちをお伝えにならないのではないかと思うのです。

改めてケアする自分の状態をケアすることの大切さを感じました。

また「敬聴」のお話では聴かせてもらう姿勢を改めて認識をして、意識しながら取り組んでいきたいと思います。

まずは敬聴ということだけでも意識していただきたいと思います。ここだけでも押さえれば誰かのお力にきっとなれます。
それがそのまま勇気づけともなるのです」とありますが基本中の基本を意識していきたいと思いました。

また「アドラー心理学 幸せの3つの基盤」ということころでは
「自分が好き」「周りが好き」「ほかの誰か役に立てる」
これらが育った状態が共同体感覚ということを改めて思い出しましたし、
勇気づけということからも外せないことですのでしっかりと意識していきたいです。

「喪失体験により起こる局面と信じるということ」では
その時その方の心の奥底にある哀しみに気づいていることが大切です。
十分に理解できていない時には哀しみを抱えているからこそこのような反応をされているのだなと考えてみましょう」

とありました。

時には理解できないこともあると思いますし、怒りをぶつけられたりすることもあると思いますが、
深いところにある哀しみのスパイラルを理解しまた意識をしながら取り組みたいと思います。

その中で
「技法や知識はすべて横においてもかまいません。でも、私はあなたの味方だよ、
私でよければ話を聞かせて、何もできないかもしれないけどあなたの力になりたいという気持ちは持っているんだよ。
この気持ちがあればグリーフケアはできます」

この言葉は本当に大切にしたい言葉です。

自分がもし、いろいろな場面で迷ったときはこの言葉を支えとしていきたいと思います。

私もまだまだ覚えたてですが「覚悟を持って」取り組んでいきたいと思います。
そのためにはまだまだ勉強もしないといけないですし、いろんな方々と接していきたいと思います。

つぎに「自身の人生を見つめなおす」とありました。

自身の今までの人生に起こってきたことを改めて考えたとき、
身内の死がきっかけとなりグリーフケアを学びたいと思いましたが
グリーフケアとは生き方の教育であり、死に方の教育である」とありました。

生き方があり、死に方がある。

ただこれというのは学ばなければその思いに行きつかなかったと思います。

本当に求めて今回学ばせていただけたのは
この「生き方、死に方を」客観的に理解することがすべてではないんですが感じることができました。

それに続くことなんですが

「グリーフを広める取り組み」のなかで
「哀しみのさらに奥にある大切な気持ち、愛する気持ちに触れて感動することがたくさんあります。
ここまで人を愛することができるんだ。それだけ愛されてきたから
今苦しんでいらっしゃるんだという愛に触れることで心が動かされるのです。
その意味でグリーフケアはただ哀しい方と向き合うのではなく崇高でとても尊い取り組み」

とありましたが、この言葉に集約されると思いました。

今回学ばせていただけたことで改めてその愛されていたことを実感しましたし、
もっと愛情を身近に感じることができたと思っています。

最後にこのグリーフについて学ばせていただけましてありがとうございました。

グリーフを学んだことで(アドラー心理学の勇気づけなど)、
人との接し方が変わりましたし、どういうことを抱きながら話しているんだろうとか、
誰かと話をしながらも浅く聴くのではなく考えて聞く姿勢になったことが大きいなと感じています。

グリーフというのは本当に身近なことで、
かといってそのひとりひとりが全く同じ体験ではない感じ方も違えば、とらえ方も違う。

一概じゃないからこそ学ぶことで理解することもできるし、支えることもできるんだと思いました。

これから、ここで終わりではなく学びを深めながらこの活動を少しでも広げられるように頑張っていきたいです。

本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。

グリーフ専門士(音声版)の申し込みはこちら
https://grief-school.net/mousikomi/

ペットロス専門士養成講座(ベーシック)

◎ペットロス専門士養成講座概要

担当講師 先崎直子(獣医師・ペットロス専門士(トレーナー)・グリーフ専門士(トレーナー))

ペットを家族同様に大切な存在として共に暮らす飼い主が多い現在、
死別による哀しみは大きなものとなっています。

なぜペットのことを大切に想うのか
ペットを失ったときの哀しみはどのようなものなのか
どのようなサポートが必要なのか

グリーフケアとしてのペットロスを深く理解し、
寄り添うための行動ができるようになる4日間の講座です。

※ 講座はワンクリックで簡単に参加できるオンライン会議システム(ZOOM)で行います。


◎ペットロス専門士養成講座の内容

  項目 内容
DAY1 ペットロスとは ペットロスとグリーフ
  支援者として大事なこと 守秘義務・心理職としての倫理観(臨床心理士倫理綱領を基準に指導)
  哀しみの触れ方 敬話・敬聴の姿勢(6つのポイント)
  人と動物の関係 飼い主さんにとってどんな存在かを知る
  課題 動物たちの魅力的なところをレポート
DAY2 ペットロスの特異性 公認されないグリーフ
  死別悲嘆の7つの局面(ペットロス) 混乱・否認・怒り(罪悪感)・抑うつ・諦め・転換・再生
  ペットロスの4つの影響 感情・身体・社会・精神への影響を学ぶ
  ノーマライズ技法と留意点(ペットロス) 死別された方への実際の声がけと留意点を知る
  課題 動物たちとの絆についてのレポート
DAY3 死生観の検討 多くの飼い主さんが抱く共通の死生観について考える
  ペットロスに影響する要因 クライアントの背景に気づく
  安楽死について考える 安楽死を決断する飼い主さんの心理とサポート
  安楽死の決断に影響する要因についての検討 安楽死の決断に影響する要因を考える
  課題 最後の在り方を考える
DAY4 ペットの供養 様々な供養と葬儀することの意義
  ペットとの別れに向けての心の準備 看取りと供養のあり方を考える
  看取りとリフレーミング技法 終末期から死別後までの事例から関わりを考える
  望ましいサポートとは ペットロスの5つのサポート
  最終課題 地域の情報の調査と敬話・敬聴

ペットロス専門士養成講座(ベーシック)講座日程

○2021年6月 月曜夜コ-ス   講師:先崎直子
第1回   6月 7日(月)  19時30分~22時30分
第2回   6月14日(月)  19時30分~22時30分
第3回   6月21日(月)  19時30分~22時30分
第4回   6月28日(月)  19時30分~22時30分

○2021年7月 月曜夜コ-ス   講師:先崎直子
第1回   7月 5日(月)  19時30分~22時30分
第2回   7月12日(月)  19時30分~22時30分
第3回   7月19日(月)  19時30分~22時30分
第4回   7月26日(月)  19時30分~22時30分

*進行状況により、終了時間が30分ほど長引く場合があります。
*講義は全てオンライン会議システム(ZOOM)を使用いたします。


◎お申込み時に簡易式の入学審査があります。
   現在、精神科クリニック、心療内科に通院中で、
   抗うつ剤、精神安定剤を服用されている方は原則参加できません。


また自分以外の多様な価値観、死生観を認められることができ、
どなたとも仲良くできる方のみにご参加いただいています

*ご不明点があればご相談をお受けいたします

参加費50,000円(税込55,000円)

*入学不可の場合はご返金いたします。
*認定には課題の合格が必要です。


お申し込みはこちらから

https://grief-school.net/mousikomi/

詳細はお申込み後にご連絡いたします。


◎ペットロス専門士(受講生の声)

ペットロスの深さを改めて理解できた

●講座でどの内容が心に残りましたか (3つあげてください)

1「あなたにとってペットとはどんな存在でしょうか?」という質問から
自分とペットについて改めて考えたり、他の人の話を聞けたことはとても興味深かった。
2 ペットロスの特異性
3 ペットロスに影響する要因

●この講座に参加して、どのように感じましたか

人と人との関係では得られない人とペットの関係があることや、
多くの人がペットを家族の一員として一緒に暮らしていることによる
ペットロスの深さを改めて理解することができた。

ペットと言っても小動物から大きな動物まで様々で、
それぞれ動物特有の可愛さやその動物を飼っている人が大事にしている気持ちを知ることができた。
家族の絆にペットが大切な役目をしていることも知った。

●今回の学びをこれからどのように活かしたいですか

ペットロスを抱えていらっしゃる方たちの気持ちを理解し、
より適切な対応や少しでも支えられるよう力を尽くしたい。
またペットロスに対する理解を社会に広めたい。

カウンセラー N・Mさん


初めて体系的にペットロスを学んだ

ペットロス専門士(受講生の声)

●講座でどの内容が心に残りましたか (3つあげてください)

一つ目に印象に残った内容は、ペットに対する安楽死についてである。
以前より、日本では動物にのみ適応されている安楽死と、遺族へのかかわりに関心をもっていた。
安楽死に対する価値観は欧米と日本で大きな違いがあることを理解できた。
日本人は、安楽死に対する決断に葛藤を抱く傾向にあり、死生観や死に対する価値観が影響しているものと感じた。
私のペットに対する安楽死の基準は、〝十分な医療を施しても、苦痛を取り除くことが不可能な状態〟である。
ペットは言語を用いてコミュニケーションを図ることができない。
そのために決断に迷ったり、後悔の念を抱き続けると考える。
安楽死を施行する場合、施行しない場合に関わらず、どちらも罪悪感が残ることが分かった。
そのため、どちらの選択をしても、尊重し、気持ちの揺れに寄り添うことが重要であると考えた。

二つ目に印象に残った内容は、ペットロスの特異性についてである。
ペットロスの相談を友人から受けることがあるが、その都度公認されない悲嘆に苦しんでいる様子が伺えた。
人とペットの死を比較され、ペットの死を軽視された経験をもつ人が多い現状を目の当たりにした。
今後は、ペットとクライアントの関係性を尊重し、哀しみに寄り添えるようになりたいと強く感じた。

三つ目は、講師や受講生との意見交換を通して、多様な価値観に触れることができたことである。
実際にペットロスに苦しんだ方々の思いや経験を聞くことで、ペットロスへの理解を深めることができた。

●この講座に参加して、どのように感じましたか

講師の方の臨床経験を踏まえた講座はとても分かりやすく、具体的に学ぶことができた。
また、受講生と思いの共有ができ、それぞれの経験や思いを知ることができた。
初めて体系的にペットロスを学んだが、今回の学びを通して、ペットロスへの理解が深まった。

●今回の学びをどのように活かしたいですか

臨床で看護師として働いており、入院中の患者からペットに関する思いを聞くことがある。
そのため、その思いに寄り添えるようになりたい。
また、友人からペットロスの相談を受けることもあるため、今回の学びをもとに敬聴をこころがけたい。
今後もペットロスに関する学びをに対して自ら積極的に取り組んでいきたいと考える。

看護師 E・Tさん


ペットロスケアの学校を無料体験しませんか。

スクールに関心をお持ちの方に、WEB入門講座を行っています。

 ペットロスケア入門講座であなたが学べること

1.  ペットロスの捉え方
2.  ペットロスの背景にある人とペットとの関係
3.  ペットロスにおける7つの悲嘆の局面、ほか

以下のお申し込みフォームからWEB入門講座にお申し込みください。

https://www.fvs.jp.net/form/?id=139&key=MTM5MTE0NDIy
(WEBで学べる「グリーフケア入門講座」「ペットロスケア入門講座」)

*パソコン、スマートフォン、タブレットのいずれでも参加可能です。
ワンクリックで簡単にご参加いただけます。

あなたと直接お話しできるのを楽しみにしております。

グリーフ専門士・ペットロス専門士養成講座(マスター)

グリーフ専門士(マスター)ペットロス専門士(マスター)共通講座です。


(現在は、全ての講座をオンライン(ZOOM)で開催しています)

◎コース概要

グリーフケア・ペットロスケアのプロとして必要な対話法のトレーニングを中心とするコースです。

アドラー心理学に基づいた上級カウンセリングスキルが実践できるようになります。

また犯罪や自死の遺族をはじめとする複雑なグリーフの対応を深く理解し、必要な関わりを学ぶとともにトラウマを手放すための海外の最新カウンセリング手法を身につけます。

さらに対人援助のプロとして自分の感情をコントロールする方法を学びます。

グリーフケアを体系立てて理解でき、活躍の場が開かれる講座です。
グリーフにおける様々なクライアントにも向き合えるレベルを目指します。

 

マスター講座(グリーフ専門士・ペットロス専門士共通)の内容

  項目 内容
DAY1 事前課題(早期回想) 幼少期の思い出を書き出す
  グリーフ理論の確認 デュアルプロセスモデルから考える
  アドラー心理学の全体像 認知論・主体論・目的論・共同体感覚・全体論・対人関係論
  ライフスタイル診断 アドラー心理学におけるパーソナリティの形成の考え方
  アートセラピーの基本 非言語の支援と意義
  早期回想法の導入 各種心理検査法のメリット・デメリット
DAY2 自己を知る重要性 クライアントとの関係で揺らがないために大事なこと
  早期回想法の演習1 クライアント体験
  早期回想法の演習2 カウンセラー体験
  アドラーカウンセリングで重視したいこと グリーフケアを意識したアドラーカウンセリングの留意点
  スピリチュアルケア クライアントの認知を大切に扱う
  課題 早期回想法を通じた敬話敬聴
DAY3 複雑なグリーフに寄り添う DSMと持続性複雑死別障害から支援のあり方を考える
  死別の対人関係論 所属感・負担感・自殺潜在能力
  死にたいという気持ちへの対応 具体的な事例を用いた介入の演習とディスカッション
  自死遺族の反応と対応 自死による遺族特有の反応と関わりの配慮
  事故遺族の反応と対応 事故による遺族特有の反応と関わりの配慮
  犯罪遺族の反応と対応 犯罪による遺族特有の反応と関わりの配慮
DAY4 ポリヴェーガル理論とトラウマの理解 トラウマを抱えた方に関わる留意点と基本的な対応
  バタフライハグ トラウマ治療の考え方と現場でできる対処法
  サブモダリティを変える 違和感の修正の仕方を学ぶ
  恐怖症への対応 安全にセッションを行うための考え方と技法
  グリーフケアの極意 フューチャーツアーから他者を信じる本質を掴む
  課題 各種技法を活用した敬話敬聴

*合計36時間
*コンテンツはより良い講座にするために若干変更する場合がございます。
*参加対象者はアドバンス講座修了生です。


専門士養成講座(マスター)講座日程

全日程担当講師:井手敏郎

○2021年5月6月(第4週土日コース) 
第1回   5月22日(土) 13時00分~19時30分
第2回   5月23日(日)   9時30分~19時30分
第3回   6月26日(土) 13時00分~19時30分
第4回   6月27日(日)   9時30分~19時30分

○2021年6月7月(平日水曜コース)
第1回  6月 2日(水) 19時30分~23時00分
第2回  6月 9日(水) 19時30分~23時00分
第3回  6月16日(水) 19時30分~23時00分
第4回  6月23日(水) 19時30分~23時00分
第5回  6月30日(水) 19時30分~23時00分
第6回  7月 7日(水) 19時30分~23時00分
第7回  7月14日(水) 19時30分~23時00分
第8回  7月21日(水) 19時30分~23時00分

*進行状況により、終了時間が30分ほど長引く場合があります。
*講義は全てオンライン会議システム(ZOOM)を使用いたします。

◎マスター講座 参加費 170,000円(税込187,000円)
参加対象者はアドバンス講座修了者です。

お申し込みはこちらから
https://grief-school.net/mousikomi/

詳細はお申込み後にご連絡いたします。


グリーフケアの学校を無料体験しませんか。

スクールに関心をお持ちの方に、WEB入門講座を行っています。
オンラインシステム(Zoom)でスクールの一部を無料体験できます。

パソコン、スマートフォン、タブレットのいずれでも参加可能です。
ワンクリックで簡単にご参加いただけます。

グリーフケア入門講座であなたが学べること

 1.  グリーフケアとは何か
 2.  自分のグリーフの状態に気づく
 3.  喪失体験後の心の変化を知る、ほか

 ペットロスケア入門講座であなたが学べること

1.  ペットロスの捉え方
2.  ペットロスの背景にある人とペットとの関係
3.  ペットロスにおける7つの悲嘆の局面、ほか

参加希望の方はこちらからお申し込みください。
https://www.fvs.jp.net/form/?id=139&key=MTM5MTE0NDIy
(WEBで学べる「グリーフケア入門講座」「ペットロスケア入門講座」)

あなたと直接お話しできるのを楽しみにしております。

グリーフ専門士・ペットロス専門士養成講座(アドバンス)

グリーフ専門士(アドバンス)ペットロス専門士(アドバンス)共通講座です。

◎コース概要

ベーシックの知識を自分のものとし、さらに深く寄り添うための講座です。

相手の痛みを軽減し、本人らしく前に向かうために大切な考え方や具体的な関わり方が学べます。

カウンセリングやコーチングの基礎も身につき、看取りの現場のみならず、

日常のコミュニケーションも大きく改善し、家庭、職場、地域……など、
さまざまな場面での対人援助が自信をもってできるようになります。

アドバンスはできるだけトレーニングの要素を取り入れ、「わかる」ではなく「できる」ことを目指します。

*2020年より講義は全てオンライン会議システム(ZOOM)となりました。

アドバンス講座(グリーフ専門士・ペットロス専門士共通)の内容

  項目 内容
DAY1 グリーフ(ペットロス)ケアで目指すもの アドラー心理学の5つの課題から考える
  心理療法の効果 各心理療法の違いと大事にすべきこと
  哀しみに耳を傾ける 敬話・敬聴の実践
  寄り添うということ 深い哀しみを抱えた相手に非言語で寄り添う体験をする
  マインドフルネス 今ここを大切にする感覚を掴む
DAY2 子どもを失う哀しみ ベリネイタルグリーフ(不妊・中絶・乳幼児の死)・その他、子どもとの別れ
  子どもを失った方への支援 情緒的支援・道具的支援・情報的支援・治療的支援
  男女のグリーフの違い 男性のグリーフの傾向と対応
  死別を経験した男女のコミュニケーション 6つのチャネルにアクセスする
  道具的支援の実際 チャートを使った質問技法
  課題 チャートを活かした敬話敬聴の実践
DAY3 子どものグリーフを支える3つのプロセス 米国ダギーセンターの考え方と日本における子ども支援について
  発達段階に応じたグリーフサポート1 乳幼児・小学生
  発達段階に応じたグリーフサポート2 中高生・その他
  発達段階に応じたグリーフサポート3 リフレクション・ジョイニングスキル
  記念日反応 大切な人を亡くした時期の反応と対応
DAY4 ターミネーション クライアントとのお別れの仕方を考える
  グリーフカウンセリングの考え方と基本技法 ダイアログメソッドを用いて基本的な流れと感情の扱い方を知る
  ファミリーセラピー クライアントの人間関係を短時間で整理する方法
  ゲシュタルト療法(再会セラピー) 故人との対話(エンプティチェアの応用)
  講義の振り返り 質疑応答
  最終課題 講義レポートと敬話敬聴の実践報告・ゲインラインの記入

*合計36時間
*コンテンツはより良い講座にするために若干変更する場合がございます。
*参加対象者はベーシック講座修了生です。


専門士養成講座(アドバンス)講座日程

【アドバンス:土日コース】
○2021年5月6月(第2週土日コース) 講師:井手敏郎
第1回   5月   8日(土)  13時00分~19時30分
第2回   5月   9日(日)    9時30分~19時30分
第3回   6月12日(土)  13時00分~19時30分
第4回   6月13日(日)    9時30分~19時30分
※参加対象は、2021年4月までのベーシック講座修了生になります。

○2021年7月8月(第2週土日コース) 講師:井手敏郎
第1回   7月10日(土)  13時00分~19時30分
第2回   7月11日(日)    9時30分~19時30分
第3回   8月14日(土)  13時00分~19時30分
第4回   8月15日(日)    9時30分~19時30分


【アドバンス:平日コース】

○2021年6月7月(水曜昼コース) 講師:井手敏郎
第1回   6月 2日(水)  13時00分~16時30分
第2回   6月 9日(水)  13時00分~16時30分
第3回   6月16日(水)  13時00分~16時30分
第4回   6月23日(水)  13時00分~16時30分
第5回   6月30日(水)  13時00分~16時30分
第6回   7月 7日(水)  13時00分~16時30分
第7回   7月14日(水)  13時00分~16時30分
第8回   7月21日(水)  13時00分~16時30分

○2021年8月9月(月曜夜コース)講師:井手敏郎
第1回  8月 2日(月)   19時30分~23時00分
第2回  8月 9日(月)   19時30分~23時00分
第3回  8月16日(月)   19時30分~23時00分
第4回  8月23日(月)   19時30分~23時00分
第5回  8月30日(月)   19時30分~23時00分
第6回  9月 6日(月)   19時30分~23時00分
第7回  9月13日(月)   19時30分~23時00分
第8回  9月20日(月)   19時30分~23時00分

*2021年6月7月(平日月曜夜コース)は満席となりました。
*進行状況により、終了時間が30分ほど長引く場合があります。
*講義はすべてオンライン会議システム(ZOOM)を使用いたします。

◎アドバンス講座参加費 120,000円(税込132,000円)
参加対象者はベーシック講座修了者です。

お申し込みはこちらから
https://grief-school.net/mousikomi/

詳細はお申込み後にご連絡いたします。


グリーフケアの学校を無料体験しませんか。

*スクールに関心をお持ちの方に、無料でWEB入門講座を行っています。
オンライン会議システム(ZOOM)を使いオンラインスクールを無料体験できます。

以下のお申し込みフォームから体験WEB入門講座にお申し込みください。

*参加にはインターネット環境が必要です。
パソコン、スマートフォン、タブレットのいずれでも参加可能です。
はじめての方のために事前の接続テストや説明も応じておりますので安心です。
ワンクリックで簡単にご参加いただけます。

お申し込みはこちらから

https://www.fvs.jp.net/form/?id=139&key=MTM5MTE0NDIy
(WEBで学べる「グリーフケア入門講座」「ペットロスケア入門講座」)

あなたと直接お話しできるのを楽しみにしております。

グリーフ専門士養成講座(ベーシック)

講座概要

死別・離別の悲嘆に苦しむ身近な人の支援に大切なグリーフケアの基礎が身につく講座です。

「感じる」「わかる」「できる」ことを目標とし、
大切な方の悲嘆に深く寄り添うための具体的な行動ができるようになる4日間です。
多死社会にもっとも必要な知識、関わり方、在り方が学べます。

お申し込みはこちらです
https://grief-school.net/mousikomi/

◎グリーフ専門士養成講座(ベーシック)講座内容

 
  項目 内容
DAY1 基本ルール 守秘義務・心理職としての倫理観(臨床心理士倫理綱領を基準に指導)
  グリーフの概念の理解 大切な人を失った方の課題と支援者に何ができるかを知る
  観の眼と見の眼を養う 表面に捉われない見方を養う
  哀しみの触れ方 敬話敬聴の姿勢(6つのポイント)
  自分の状態に気づく 自らの哀しみを語る
  課題 自分の価値観を見つめ直す
DAY2 グリーフの奥にある背景 事例を通じて問題提起
  グリーフをイメージで理解する グリーフの直感的な理解
  グリーフを深刻にする4つの課題 環境や立場によるグリーフの現れ方
  関わり方の理解を深める 視聴覚を通じたディスカッション
  葬いのプロセスでどう関わるか 看護、介護、葬儀の現場におけるグリーフケアの理解
  課題 敬話敬聴の実践
DAY3 感情の扱い方 何が感情に影響を与えるか
  セルフケア 自分の哀しみに折り合いをつけるワーク
  アドラー心理学基礎1 共同体感覚の理解
  アドラー心理学基礎2 勇気づけの技法
  リフレーミング技法 終末期から死別後までの事例から関わりを考える
  課題 セルフケアの習慣化
DAY4 喪失の痛みを感覚で捉える 知識だけに捉われない直感的な理解を身に着ける
  グリーフの4つの影響 感情・身体・社会・精神への影響を学ぶ
  ノーマライズ技法と留意点 死別された方への実際の声がけと留意点を知る
  DSM-5におけるうつ病とグリーフの違い DSMの基本的な理解と心理職の限界とリファーの大切さ
  死別悲嘆の7つの局面 混乱・否認・怒り(罪悪感)・抑うつ・諦め・転換・再生
  最終課題 講義レポートと敬話敬聴の実践報告

*合計18時間
*コンテンツはより良い講座にするために若干変更する場合がございます。


ベーシック講座は、看護師、介護士、大学教員、医師、ケアマネジャー、臨床心理士、僧侶、
その他、様々な方が参加されています。

地域も全都道府県、さらにはアメリカ、カナダ、オーストラリア、上海まで広がっております。
現在約500名が資格取得されています。

2016年8月より体制を改め、
オンラインシステム(ZOOM)を使った双方向対話型の授業、
「グリーフケアオンラインスクール」がスタートしました。

自分の部屋で、講師に直接質問しながら学び、資格取得もできる講座です。

インターネットの環境さえあれば、
パソコン、スマートフォン、タブレットのいずれでも「ワンクリック」で参加可能です。
交通費もかからず、時間を最大限有効に使用できるので、
育児、介護などご自宅を離れられない方でも学んでいただくことができます。

*会場で直接学ぶ講座は、特別のご依頼をいただいた場合のみとなります。


「直接会って学んでいるのと同じ感覚ですね」
「全国の仲間と一緒に学べてとても嬉しいです」
「初日からここまで深く教えてもらえると思いませんでした」

などオンラインスクール生にもご好評いただいております。

フォローアップ制度もあり、終了後も受講生同士の交流や
より学びを深めることができる体制が整っています。

*課題の合格をもって、専門士資格認定となります。
*「グリーフ専門士」の名称を使用して活動される場合は会員登録が必要となります。

◎お申込時に簡易式の入学審査があります。
現在、精神科クリニック、心療内科に通院中で、
抗うつ剤、精神安定剤を服用されている方は原則参加できません。

また自分以外の多様な価値観、死生観を認められることができ、
どなたとも仲良くできる方のみにご参加いただいています。

ご不明点があればご相談をお受けいたします。

○参加費50,000円(税込55,000円)(入学不可の場合はご返金いたします)

 


グリーフ専門士養成講座(ベーシック)講座日程

【2021年6月】
○2021年6月 木曜昼コ-ス   講師:村野直子
第1回  6月  3日 (木)  13時00分~16時30分
第2回  6月 10日 (木)  13時00分~16時30分
第3回  6月 17日 (木)  13時00分~16時30分
第4回  6月 24日 (木)  13時00分~16時30分

○2021年6月 金曜夜コ-ス  講師:村野直子
第1回  6月 4日 (金)  19時30分~23時00分
第2回  6月11日 (金)  19時30分~23時00分
第3回  6月18日 (金)  19時30分~23時00分
第4回  6月25日 (金)  19時30分~23時00分

【2021年7月】
○2021年7月 木曜昼コ-ス   講師:村野直子
第1回  7月  8日 (木)  13時00分~16時30分
第2回  7月 15日 (木)  13時00分~16時30分
第3回  7月 22日 (木)  13時00分~16時30分
第4回  7月 29日 (木)  13時00分~16時30分

○2021年7月 金曜夜コ-ス  講師:村野直子
第1回  7月 9日 (金)  19時30分~23時00分
第2回  7月16日 (金)  19時30分~23時00分
第3回  7月23日 (金)  19時30分~23時00分
第4回  7月30日 (金)  19時30分~23時00分

*進行状況により、終了時間が30分ほど長引く場合があります。
*講義は全てオンライン会議システム(ZOOM)を使用いたします。

 

グリーフ専門士養成講座お申し込みはこちらから
https://grief-school.net/mousikomi/

詳細はお申込み後にご連絡いたします。


グリーフケアの学校を無料体験しませんか。

スクールに関心をお持ちの方に、WEB入門講座を行っています。

グリーフケア入門講座であなたが学べること

 1.  グリーフケアとは何か
 2.  自分のグリーフの状態に気づく
 3.  喪失体験後の心の変化を知る、ほか

以下のフォームからWEB入門講座にお申し込みください。
https://www.fvs.jp.net/form/?id=139&key=MTM5MTE0NDIy
(WEBで学べる「グリーフケア入門講座」「ペットロスケア入門講座」)

オンラインシステム(Zoom)を使いスクールの一部を無料体験できます。
パソコン、スマートフォン、タブレットのいずれでも参加可能です。
ワンクリックで簡単にご参加いただけます。

あなたと直接お話しできるのを楽しみにしております。

WEBグリーフケア入門講座

特別案内「WEBグリーフケア入門講座」(無料)のご案内

大切な人を亡くしたあなたに知っておいてほしい5つのこと

大切な人を亡くした方と
どう向き合えばいいのだろう

自分が大切な人を失ったとき
どんな状態になるのだろう

そんなことを考えたことはありませんか

グリーフケアとは何か

オンラインで学べる入門講座を行っています。

参加希望の方はこちらからお申し込みください。

グリーフケアの基本を学べる
「グリーフケア/ペットロスケア入門講座」

パソコン、スマホ、タブレットのいずれでも参加できます

無料とはいえ、各地で行なっている研修の内容のポイントを時間内で精一杯お伝えしています。

パソコン、スマホ、タブレットのいずれでも参加可能です。
人数は限定ですが、必要な方に届くと嬉しいです。

グリーフケア入門講座で学べること

1.  グリーフケアとは何か
2.  自分のグリーフの状態に気づく
3.  喪失体験後の心の変化を知る、ほか

ペットロスケア入門講座で学べること

1.  ペットロスの捉え方
2.  ペットロスの背景にある人とペットとの関係
3.  ペットロスにおける7つの悲嘆の局面、ほか

井手 敏郎
日本グリーフ専門士協会 代表理事
村野 直子
日本グリーフ専門士協会 トレーナー
先崎 直子
日本グリーフ専門士協会 トレーナー
山内 陽卯
日本グリーフ専門士協会 トレーナー

「WEBグリーフケア/ペットロスケア入門講座」開催日程

【2021年5月】
◎グリーフケア
5月 3日(月)20:00 – 22:00(担当:山内)
5月 8日(土)20:00 – 22:00(担当:山内)
5月10日(月)20:00 – 22:00(担当:村野)
5月11日(火)13:30 – 15:30(担当:村野)
5月15日(土)20:00 – 22:00(担当:山内)
5月17日(月)13:30 – 15:30(担当:村野)
5月17日(月)20:00 – 22:00(担当:村野)
5月20日(木)20:00 – 22:00(担当:山内)
5月24日(月)13:30 – 15:30(担当:山内)

◎ペットロスケア
5月 6日(木)20:00 – 22:00(担当:先崎)
5月13日(木)20:00 – 22:00(担当:先崎)

参加希望の方はこちらからお申込みください。
グリーフケアの基本を学べる「グリーフケア入門講座」「ペットロスケア入門講座」

グリーフケアとは何か? 遺族支援だけではありません。
医療看護職、介護職の方、多数ご参加中。
支援者として押さえておきたい「人生のさまざまな局面に潜むグリーフ」の理解を深めます。