講座案内

グリーフ専門士養成コース*再受講 (ベーシック) Grief Care Basic

講座概要

死別の悲嘆に関しての全般的な知識と具体的な関わり方が身につくコースです。

グリーフを多角的に理解し、大切な方の悲嘆に深く寄り添うための適切な対応を学びます。

数多くの事例から死別したときの多様な反応を知ることで周囲の方へ丁寧に関わっていけるようになります。

自分の気持ちと丁寧に向き合いながら理解を深められる内容です。

講座内容

DAY.1

  • ・遺族支援の場づくりの基本

    守秘義務・心理職としての倫理観(臨床心理士倫理綱領を基準に指導)

  • ・グリーフとは何か

    8つのグリーフとイメージで理解する

  • ・観の眼と見の眼を養う

    表面に捉われない見方を養う

  • ・哀しみの触れ方

    敬話敬聴の姿勢(6つのポイント)

  • ・自分の状態に気づく

    自らの哀しみを語る

  • ・課題

    自分の価値観を見つめ直す

DAY.2

  • ・グリーフの奥にある背景

    事例と問題提起/悲嘆に影響する7つの媒介要因

  • ・ノーマライズ技法と留意点

    死別された方への実際の声がけと留意点を知る

  • ・共感的伝え返しの基礎

    関わり方の理解と体験を深める

  • ・グリーフを深刻にする4つの背景

    環境や立場によるグリーフ

  • ・弔いのプロセスでどう関わるか

    看護、介護、葬儀の現場におけるグリーフケア

  • ・課題

    敬話敬聴の実践

DAY.3

  • ・感情の扱い方

    感情を整える3つのアプローチ

  • ・セルフケア

    自尊感情(自己肯定感):内なる自分を抱きしめるワーク

  • ・アドラー心理学基礎1

    共同体感覚の理解

  • ・アドラー心理学基礎2

    勇気づけとグリーフケア

  • ・看取りとリフレーミング

    終末期から死別後までの事例から関わりを考える

  • ・課題

    セルフケアの習慣化

DAY.4

  • ・喪失の痛みを感覚で捉える

    知識だけに捉われない直感的な理解を身に着ける

  • ・グリーフの4つの影響

    感情・身体・社会・精神への影響を学ぶ

  • ・精神的問いへの関わり方

    死生観、人生観を尊重する関わりと留意点

  • ・うつ病とグリーフの違い(DSM5)

    DSMの基本的な理解:エビデンスとリファー

  • ・喪失悲嘆の7つの局面

    混乱・否認・怒り/罪悪感・抑うつ・諦め・転換・再生

  • ・最終課題

    敬話敬聴の実践と講義レポート

全4日間 / 合計18時間(※課題実施時間含む)

受講料

50,000円(税込55,000円)

→2023年9月限定 再受講ベーシック12,500円(税込13,750円)
※オンライン対面受講となります。お顔を出してのご受講をお願いいたします。
※進行状況により、終了時間が30分ほど長引く場合があります。
※基準を満たした課題の提出をもって資格認定となります。(「グリーフ専門士」の名称を使用して活動される場合は会員登録が必要です)
※安全なご受講を考慮し、心療内科などへ通院、又は精神面における服薬をされている時期は、原則ご参加を見合わせていただいています。

講座担当

井手 敏郎 講座監修

公認心理師:幼少期の喪失体験から悲嘆支援に関心をもち、協会を発足。心理臨床の視点からグリーフケアに取り組む。

先崎 直子 講師(グリーフケア)

獣医師:母、愛犬との死別体験から、身をもって感じたグリーフケアの大切さ。心に寄り添うグリーフケアを志す。

白土 千夏 講師(グリーフケア)

双子の妹と母の死別後、協会に出会い今の自分が在ります。グリーフケアの温もりをお伝えできるよう努めてまいります。

受講生の声

詳しい感想をご覧になりたい方は、各受講生の声をクリックすると全文をお読みいただけます。

私のように喪失体験で悩んでいる方や不調を感じている人の同行者で在れるような手助けができたらいいなと思っています。 (和歌山県 中埜奈夢さん)
日々患者さんやご家族とのかかわりの中で、引き続き、敬話敬聴を通して、相手に寄り添うことのできる、優しい看護師になりたいと思います。 (東京都 元原泉さん)
自分の傷だらけ、しくじりだらけの人生もまた、私にしか語れないストーリーであり、誰かの力になれるかもしれない。 (千葉県 番澤清美さん)
遺族のグリーフケアに重点を置いた癒しのサービスを提供するのに役立てたいです。 (大阪府 岩田友紀さん)
自分自身の心の奥にあるグリーフと向き合うことが出来ました。 (神奈川県 牧野静子さん)
TOP