よくある7つの質問

よくある7つの質問

Q1 

講座に申し込みましたが急な用事で日程を変更したいのですが。

  

A1各講座ともお休みや変更に対応できるようにビデオ受講の体制を整えていおりますのでご安心ください。

 

Q2 

受講後のスキルアップの機会はありますか。

 

A2毎月、フォローアップ研修を設けています。
スクール卒業生同士の交流会も行われていますので、仲間同士が力を合わせ、新しい価値が生み出される場にもなっています。
受講後のスキルアップの場はたくさん設けておりますのでご安心ください。

 

Q3 

スクールの日程と合わないのですがぜひ参加したいです。どうすればいいでしょうか。

 

A3月をまたいで受講される方もあり、柔軟に参加できる体制を整えています。
またグリーフ専門士(ベーシック)についてはご自宅で学べる音声教材もご用意しています。
「グリーフ専門士(音声版)」という案内をご覧ください。

 

Q4 

施設全体で研修を希望しております。お願いはできるでしょうか。

 

A4研修は随時承っております。
全国各地への出張研修、ZOOMによるオンライン研修など、団体のご事情に応じて、形式、時間、研修費も柔軟に対応しております。
出来るだけご負担のない形をご提案させていただきますので、お気軽にご相談ください。

 

Q5 

グリーフ専門士・ペットロス専門士として収入はどのように得るのでしょうか。

 

A5グリーフケアの学びが生かされ、コミュニケーションやカウンセリングの力がつき、元々のお仕事の依頼が増えて、収入増に繋がったという方も多くいらっしゃいます。
さらに専門性を高め、グリーフケアの活動を広げたいという方のために一定基準のもとでトレーナーコースを受けています。認定を受けた場合は、各地での協会のグリーフケア講座の開催でき、そこから収入を増やされる方も出てきました。
メンバーの水準を保つため、協会もサポートをしていきたいと思います。ご受講後、死別悲嘆も支援者として専門的な知識を持っていると認められ、病院、介護施設、地方公共団体をはじめ各種団体から依頼がくる方も増えてきています。
Q6 

グリーフ専門士・ペットロス専門士として活動する上で必要なことはありますか。

 

A6グリーフ専門士・ペットロス専門士という立場で正式に活動される場合は、グリーフ専門士・ペットロス専門士養成スクールの母体である日本グリーフ専門士協会の会員として正式にご登要頂く必要があります。

継続的に学び、スキルを向上することが大切だと考えて、会員には継続的な学習やサポートの特典もご用意しています。
社会的な需要が高まり、講演依頼も増えておりますので、協会からグリーフ専門士の皆さんへ仕事の依頼をする場合もございます。

全国のグリーフ専門士の皆さんにお力添え頂ければ幸いです。
詳しくは別途お尋ねください。

 

Q7 

他のグリーフケアの団体と違う特徴はどこでしょうか。

 

A7各団体とも素晴らしいご活動をされていることと思います。
日本グリーフ専門士協会は、参加された皆さんがボランティアのみならず、生業としても活動するためのサポートや、葬儀社とのタイアップなどを行い協会として活動を広げる体制を整えつつあります。また多くのグリーフケアでは、ご遺族の悲嘆を支えることを意味する場合が多いかもしれません。
グリーフケアの学校では、ご遺族の支援はもちろん、亡くなっていかれるご本人の看取り支援を含め、クライアントに対し、日常からどのように関わっていけばいいかを学ぶ場を提供しています。そのために、グリーフケアをはじめ、セラピー、カウンセリング、その他の心理療法を、さまざまな対人支援において優れた先生方から学び続け、ご教示頂いたエッセンスを私たちなりに整理してお伝えしています。長年この道に携わられた先生方と比べ、まだまだ経験面で劣るところもありますが、代表の井手自身が、米国心理大学院で臨床心理学修士号(MA)を取得した立場から、公認心理師や臨床心理士の皆さんとも連携できるように心理職として抑えるべき基本を踏まえた講義を行っています。グリーフ専門士・ペットロス専門士の活動は臨床心理士の倫理綱領を基本としており、臨床心理学の視点でグリーフケアをお伝えしているのが日本グリーフ専門士協会の大きな特徴と言えるかもしれません。
また毎月仲間同士が学び合い、支え合える場も提供され、一人一人がグリーフを抱える立場として仲間同士のコミュニティの充実は業界トップクラスと自負しています。

今後も世界中の対人支援の実践的なスキルを学び続け、常に成長するグループでありたいと思っています。
グリーフケアの学び舎として、最高水準を目指していく所存です。

 

関連記事

  1. グリーフ専門士・ペットロス専門士養成講座の概要

  2. 保護中: セルフグリーフケア・プログラム

  3. 病院・介護施設でのグリーフケア研修・自治体や金融機関での遺族への接遇研…

  4. 各種心理学講座

  5. スクール受講生の声

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

グリーフ専門士認定証

最近の記事 おすすめ記事

【取材経歴】ニッポンの社長