病院・介護施設でのグリーフケア研修/ 高齢者虐待防止研修のご案内

病院・介護施設でのグリーフケア研修・高齢者虐待防止研修のご案内

【さまざまな喪失の悲嘆に寄り添うために】

グリーフとは大切な人との死別や喪失体験による悲嘆とその反応のことです。
多くのご家族が大切な人との別れに大きな痛みを抱えています。
日本では1日に約3500人が亡くなっています。

もし一人の死で周囲に深く悲しむ人がいるとすれば、
日々、1万人以上の方が深い悲嘆にくれてるということです。

またご遺族のみならず、患者様や利用者様の死と向き合った職員の方々にも、
その悲嘆は強く襲いかかり、仕事にも影響することが少なくありません。

一般的なグリーフケアはご遺族の悲嘆を支えるものと考える方も少なくありません。
しかし死別のサポートのみならず、
生前から患者ご本人やご家族のグリーフは始まっているのです。

死に直面したご本人がどのような感情を抱いているのかを知ることも
喪失の悲嘆を支える上では重要です。

相手に寄り添うために本当に大切なことはなんでしょうか。

それはただ頷いたり、言葉を繰り返したり、丁寧に反応することではありません。

日本グリーフ専門士協会の研修では、
聴くことの本質からできるだけわかりやすくお伝えしたいと思います。

そして死という誰にも必ず襲いかかる悲嘆と
向き合うために必要な心と技術を修得していいただきます。

日本グリーフ専門士協会では、
医療機関や介護施設の職員様、患者様、利用者様、
そしてご家族様のご満足の向上のために、
コミュニケーションの改善や自身のケアにつながる、
グリーフケア研修を(1〜5回)承っています。

「看取りをこの施設にお願いしてよかった」
「いままで以上に働きがいをもてるようになった」
「これまで行き届かなかった職員のメンタルサポートになった」
という喜びの声も届いています。

また介護施設を対象に高齢者の虐待防止の研修も行っております。

施設職員への研修の義務化がスタートしています。
専門的知識を学ぶことで、予防や早期発見につながりますが、
一方で研修がマンネリ化しているという声も少なくありません。

日本グリーフ専門士協会の虐待防止研修は、
高齢者の悲嘆(グリーフ)という視点から
知識だけではなく、職員の気持ちにも寄り添いながら、
新たな気持ちで職員の皆さんに支援者としてあるべき姿を
丁寧に学んでいただけるものです。

自分自身の心の状態を大事にすることで、
安定した関わりができると好評です。

研修につきましては助成金対応もしております。
助成金をご希望される場合は、
お申込から2ヶ月を目安に実施が可能です。
ご関心のある方は、お問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。

当協会から制度を詳しいご案内をさせて頂くことも可能です。
たとえば、こんな場合は?ということがございましたら、ぜひご相談ください。

一般社団法人 日本グリーフ専門士協会 協会事務局
110-0015 東京都台東区東上野2–20–6 会計センタービル301

メールのお問い合わせ 申し込みフォームからお気軽にお尋ねください。

電話でのお問い合わせ 03-3546-9924(事務局)

関連記事

  1. グリーフ専門士養成講座(ベーシック)

  2. ペットロス専門士(ベーシック)

  3. 特別案内「WEBグリーフケア入門講座」(無料)のご案内

  4. グリーフ専門士・ペットロス専門士養成講座(マスター)

  5. よくある7つの質問

  6. グリーフ敬聴ボランティア養成講座

  7. 保護中: アドバンス(コンテンツ)

  8. 月刊グリーフ専門士(音声教材)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


グリーフ専門士認定証

最近の記事 おすすめ記事

【取材経歴】ニッポンの社長